Open 2019.04.23
try!Swift 2019 #1

PixarのようなグラフィックをSwiftで実現する

  • このエントリ
ーをはてなブックマークに追加

続きはログイン後!

759
2089
タグ :

■ 動画紹介

本動画は、PixarのようなグラフィックをSwiftで実現すると題して、Michael Petrieさん(@kapsy1312)が登壇します。
【動画概要】
このトークでは、簡単な光線追跡をSwiftを使ってゼロから作る際に直面する障害についてお話します。光線追跡法は、アニメーションフィルム産業を席巻する、Pixarのあの悪名高いRendermanの3Dレンダリング技術の基礎となっています。これは、光線の物理モデルと、オブジェクトと表面の相互作用によるものです。
昨今では、NVIDIAのRTXのような、より強力で特化したハードウェアによって、リアルタイムでの光線追跡の分野には新たな関心が寄せられています。
著名なプログラマーであるJohn Carmackさえ、コンピューターグラフィックと光線追跡の未来について尋ねられた際、「全ての道はローマに続く」と述べています。
私は、伝統的なグラフィックラスタライザーに取り組むのを楽しむ一方で、いつも、物理的にモデリングされた光に興味を持ち、それにまつわるプロセスについて学びたいと思ってきました。
ここでは、私がどのようにシンプルな場面を描画する光線追跡をプログラムしたかについて話します。これは、多芸なSwiftを試すのにいい機会となるでしょう。

■ コンテンツ一覧

視聴条件:ログイン前では本動画は3分のみ視聴可能です。
※ログインいただくとすべて視聴できます。


  • このエントリ
ーをはてなブックマークに追加

関連動画