Open 2018.06.29

レビューをもらいやすい細かいプルリクの切り分け方

  • このエントリ
ーをはてなブックマークに追加
270
1431
タグ :

■ 動画紹介

本動画はPHPerKaigi 2018 Day2をお届けします。
PHPerKaigi(ペチパーカイギ)は、現在PHPを使用している、過去にPHPを使用していた、これからPHPを使いたいと思っているエンジニアが、技術的なノウハウを共有するためのカンファレンス(イベント)です。
会員登録後、全てのコンテンツが無料で視聴できます。

■Agenda
-今からでも出来る!Webサービスモニタリング!!:曽根 壮大さん
サービスを作ることの大切さは皆さんよく知っているとおもいます。しかし如何に育てるか、如何に運用していくかはあまり語られていないのではないでしょうか?
そこで今回は
 ・サービスの監視とはなにか?
 ・運用とはなにか?
 ・どのようにして未来を予測していくか
に注目してサービスのモニタリングについてお話します。この話を聞いた皆さんは明日からサービスの見え方がかわるはず!?

-SOLIDの原則って、どんなふうに使うの?:後藤秀宣さん
オブジェクト指向プログラミングを勉強したことのある人なら、一度は聞いたことのあるSOLIDの原則。
特にオープン・クローズドの原則って、意味が分からない! という感想を持った方は少なからずいらっしゃるかと思います。
この講演では、PHPのコード例を示しながら、どのような状況でSOLIDの原則を持ち出すのか、および、原則を適用するとコードがどのように変化するのかを、分かりやすくお話します。

-PHP7.2xで推奨されなくなった2つの大人気メソッド※当社調べ(ランチセッション):わたなべさん

-サーバーが完膚なきまでに死んでもMySQLのデータを失わないための表技:yoku0825さん
MySQLのバックアップの話をします!
 ・ バックアップ手法のおさらい
 ・mysqldump, 物理コピー, ..

 ・複数のバックアップ手法を組み合わせて運用する
 ・日々のバックアップにまつわるタスク
 ・どこがどう壊れた時にどうリストアするか
ぼくがかんがえたさいきょうのサーバー1台で自作サービスを作ってる時のちょっとのコストで実現するバックアップのしくみ
- ※個人の感じ方によります

-Hackで作るマイクロフレームワーク:竹澤有貴さん
PSRを活用して、phpのライブラリとの互換性をもたせながら、自由に入れ替えが可能なライブラリ、コンポーネント作りの作法、Hackのタイプチェッカーと厳格モードとの付き合い方、
async awaitのハマりどころなどを共有し、Hackにチャレンジしたくなる内容をお届けします

-BEAR.Sunday:郡山昭仁さん
DI、AOP、およびRESTは開発に役立つ強力なパターンです。BEAR.Sundayフレームワークは大規模PHPアプリケーションにも適用できる強力なアーキテクチャの基礎として採用し、アプリケーションにシンプルな美しさとパワーを提供します。このセッションでは3つのコア技術を説明しながら、フレームワークでどのように適用しているかを紹介します。

-PHPStanで始める継続的型検査:hirakuさん
PHP7から戻り値の型も記載できるようになり、より静的解析をしやすくなったPHPですが、IDEやエディタの中だけでなく、CIのフローの中でも型検査を行いたいものです。
このトークでは、メルカリ社でも活用しているPHPStanというツールを取り上げ、型検査をCIの中で実行する方法や、今のPHPにおける型システムの解説を行います。

■LT
-HackのAsyncCurlで死んだ話:久保田賢二朗 さん
HHVM/Hackに用意されている並列処理でCurlを実行するHH\Asio\curl_exec及び、curl_multi_awaitを利用して死んだお話

-忘れた頃にMcryptは廃止される:川原さん
簡単に言うとPHP7は多くのレガシー機能を廃止した。
しかし、レガシーなシステムは、騙し騙しOS、フレームワーク、PHPのバージョンアップをするが、騙し続けれるのも、PHP5だと悟るべき!と言う自念からのトークです。

-レビューをもらいやすい細かいプルリクの切り分け方: 東口和暉さん
コードレビューにおいて、新規機能開発をしているとどうしてもプルリクが大きくなってレビューコストが高くなると思います。「小さくプルリクを出せ。」と言われても具体的な考え方が整理された知見は少ない気がしています。アーキテクチャ(MVC)・改修/新規/バグ等の軸で小さいプルリクに切り出す考え方について、私自身が先輩エンジニアにレビューしてもらう際に意識していることを話せればと思っています。

-Lumenで堅牢なAPIを設計する。:えんどぅー さん
Laravelの軽量フレームワークであるLumenで堅牢なAPIを設計をする手法をLTで喋ります。
紹介する内容
 ・ LumenでのRESTfulなAPI設計
 ・XSS対策
 ・JSONハイジャック対策
 ・HTTPヘッダでの対策

-4年前にスタートアップして引き起こしてしまったいくつもの障害・失敗から学ぶ:中村剛さん
サービスの立ち上げからエンジニアリングすると基本的に無い無い尽くし、致し方無い方法で実装をして先に進める事が多々あります。
その中でも振り返って見て、ここは妥協すべきではなかったと思うポイントや今まで運用してきて引き起こしてしまった障害の数々を自身の経験をもとに共有し
一人でも多くの人が同じ轍を踏まないよう寄与できればと思います
※ただし会社上、共有できる範囲に限ります

-ISUCONを社内向け1人参加型ISUCONにアレンジしてみた:白井 英さん
ISUCONとは、「お題となるWebサービスを決められたレギュレーションの中で限界まで高速化を図るチューニングバトル、それがISUCONです」※公式サイトより
通常のISUCONは3人1チームでの参加ですが、社内のエンジニア向けイベントとして1人で参加するISUCONにアレンジした、問題作成、運営側のおはなしです
社内向けならではの、社内のメンバーに知ってほしいこと問題に盛り込んで開催しています
PHPerもチューニングしよう!

■ コンテンツ一覧

視聴条件:ログインいただくことで視聴可能です


  • このエントリ
ーをはてなブックマークに追加

関連動画