Open 2017.08.31

標準ライブラリのコードリーディングで学ぶGo 臼井友亮 SRE Team

  • このエントリ
ーをはてなブックマークに追加
136
675
タグ :

■ 動画紹介

~2017/08/10(木)開催 eureka Meetup #06 -Go! Go! Go!-~
会場:株式会社エウレカ セミナースペース 
   東京都港区南青山2-27-25 ヒューリック南青山ビル 5F

#5:https://crash.academy/class/110/

■今回のテーマ
第6回目の eureka meetupはサーバサイドで採用しているGolang がテーマです。 CTO金子とサーバーサイドエンジニア2名がPairsにおける技術基盤の裏側についてお話します。

■概要
エウレカのエンジニアメンバーとのフランクな会話がメインのカジュアルイベントです。事業や組織、私たちが目指す世界、日々考えていること、社内カルチャーなど、さまざまなテーマについてみなさんとざっくばらんにお話をする時間にしていきたいと考えています。

□「Pairs」について
https://www.pairs.lv/
エウレカが開発・運営するオンライン・デーティングサービスの「Pairs」は、日本と台湾で合計500万人以上が利用しています。Facebookの登録情報を活用しているので匿名性・機密性が高く、24時間365日テキスト・画像の投稿監視により、安心・安全に利用することができます。マッチング数は、累計3200万組以上。今年は、新たに韓国・香港・シンガポールへの展開を予定しており、日本とアジアにおいて、オンラインデーティングサービスを活用したパートナー探しのカルチャー作りに取り組んでいます。

■Agenda
Session1.Goのパッケージ構成について 金子 慎太郎 氏(執行役員CTO)
2010年、東京理科大学理学部を卒業後、組込系企業に入社し品質保証に従事。2011年、カナダ留学。帰国後、東京理科大学の研究室OBとして最適化理論の研究に携わる。2012年、株式会社エウレカに入社。「Pairs」および「Couples」の立ち上げメンバーとして開発に参画。2016年10月、執行役員CTOに就任。
プレゼン概要
『Goのパッケージ構成について』 Goの標準パッケージ構成はとても軽く作られているが、実際に自分たちでソースコードを書くときのパッケージ構成に悩む方が多くいると思うので、私の管理方法についてご説明します。


Session2.標準ライブラリのコードリーディングで学ぶGo 臼井友亮 SRE Team
2008年、京都大学大学院理学研究科 物理学・宇宙物理学専攻修士課程修了後、株式会社システム計画研究所に入社。
プラント制御システムと集中治療室医師・看護師向けシステムのWindowsネイティブフロントエンド開発に従事。
2012年、流通小売系事業会社のIT部門に自社開発ソフトウェアエンジニアとして入社。
ECサイトのサーバサイド開発と、スマートフォンアプリ開発に企画段階から参画。この経験が、ビジネスサイドと一体となったサービス開発に強い興味を持つきっかけとなる。
2016年6月、株式会社エウレカに入社。Go言語によるPairsサーバサイド開発を行っている。
プレゼン概要
『標準ライブラリのコードリーディングで学ぶGo』
Goは言語仕様が小さく、基本レベルの習得が非常に容易な言語です。
また、標準ライブラリが充実しており、その他の公式ドキュメントとあわせてこれらのコードを読み込むことで、Goの考え方、可読性や効率の良いコードの書き方を学ぶことが出来ます。
今回は具体的に1つの標準ライブラリを取り上げ、その紹介とコードリーディングから学べることについてお話しできればと思います。


Session3.Goぽいんとれっすん 森川拓磨 SRE Team
Goとか書いてます。好きなエディタはVSCです。
プレゼン概要
『Goぽいんとれっすん』: Goでチーム開発を行う際のちょっとしたTIPSについてお話します。

■ コンテンツ一覧

視聴条件:ログインいただくことで視聴可能です


■講師・スピーカー紹介

株式会社エウレカ-エンジニア

  • このエントリ
ーをはてなブックマークに追加

関連動画