Open 2019.11.12
CloudNative Days Tokyo 2019 / OpenStack Days Tokyo 2019 Room G #2

SODA - The Open Autonomous Data Platform For Cloud Native

  • このエントリ
ーをはてなブックマークに追加

続きはログイン後!

1086
2346
タグ :

■ 動画紹介

本動画は、SODA - The Open Autonomous Data Platform For Cloud Native と題して、
Steven Tan さん(@stevenphtan Huawei)、 楠 慶 (Kei Kusunoki)さん(NTT Communications)、Seiya Takeiさん(ヤフー)が登壇します。

【登壇概要】
The data management and storage landscape is full of spot solutions and solution stacks that create data silos. With cloud native, the problem gets worse.
The SODA project is an open source community comprising leading vendors as well as global end users working to address data management and storage challenges in the cloud native era.
SODA integrates data and storage services (such as Ceph and data protection) together with automation and orchestration,
AI/ML and multi-cloud technologies to provide a single autonomous data platform for cloud native environments such as Kubernetes.
This talk will also discuss the about project plans, roadmap, use cases etc. In addition, the talk will cover activities to cultivate the developer community, grow the ecosystem, and support end user adoption.

SODA Project(OpenSDS)では、オープンソースのストレージソリューションを開発しています。今までのストレージ製品/ソフトウェアでは、
製品それぞれ個別のマネジメントが必要で、ストレージ/データマネジメントがサイロになってしまっています。
さらに、ハイブリッドクラウド環境では、データの所在も、オンプレとクラウドに分かれてしまうため、ますます複雑化しています。
SODAは、KubernetesやOpenStackからパブリッククラウドまでカバーしていて、このようなストレージサイロをCloud Nativeに統合することを目指しています。
本セッションでは、SODA Projectの紹介、開発Communityの現在の取り組みをご説明した後、最新リリースであるCapriのデモをしたいと思います。

■ コンテンツ一覧

視聴条件:ログイン前では本動画は3分のみ視聴可能です。
※ログインいただくとすべて視聴できます。


  • このエントリ
ーをはてなブックマークに追加

関連動画