Open 2019.10.23
CloudNative Days Tokyo 2019 / OpenStack Days Tokyo 2019 Room F #1

Zuul と OpenStack で作る気の利いた CI 環境

  • このエントリ
ーをはてなブックマークに追加

続きはログイン後!

1069
2361
タグ :

■ 動画紹介

本動画は、Zuul と OpenStack で作る気の利いた CI 環境 と題して、元木 顕弘 (Akihiro Motoki)さん(@ritchey98 NEC)が登壇します。

【登壇概要】
Zuul は CI/CD のジョブのワークフローを管理するツールで、OpenStack 開発を支えています。
Ansible による柔軟なジョブ定義と再利用、複数レポジトリーにまたがるパッチのテスト、テスト実行条件や環境の柔軟な指定など、少し大きめのプロジェクトの CI を行う上で気の利いた機能をいろいろ備えています。
このセッションでは、Zuul を活用した CI の構築・活用方法にとどまらず、OpenStack などのクラウドとの自動連携、GitHub との連携など、より実践的な CI を行いたい方への役立つ情報を紹介します。


■ コンテンツ一覧

視聴条件:ログイン前では本動画は3分のみ視聴可能です。
※ログインいただくとすべて視聴できます。


  • このエントリ
ーをはてなブックマークに追加

関連動画