Open 2019.10.23
CloudNative Days Tokyo 2019 / OpenStack Days Tokyo 2019 Room F #1

Bifrost standalone Ironic を使ったGPU基盤構築運用への適用について

  • このエントリ
ーをはてなブックマークに追加

続きはログイン後!

1064
2364
タグ :

■ 動画紹介

本動画は、Bifrost standalone Ironic を使ったGPU基盤構築運用への適用について と題して、郷古 直仁 (Naoto Gohko)さん(@naoto_gohko GMOインターネット)が登壇します。

【登壇概要】
OpenStackのIronicをstandaloneとしてAnsibleで利用する基盤にBifrostがある。
コンテナでGPU演算する基盤のベアメタル構築にBifrost Ironicを使い、その中でなぜcobblerやMaaSとくらべてBifrost Ironicを選択したのか、
またOpenStack Ironicとくらべて運用性は何が違うのかについて、運用の適用性の観点からまとめる。

■ コンテンツ一覧

視聴条件:ログイン前では本動画は3分のみ視聴可能です。
※ログインいただくとすべて視聴できます。


  • このエントリ
ーをはてなブックマークに追加

関連動画