crash.academy

  • 人工知能・AI
  • 無料
公開日:2017/06/07

crash.academy Meetup#1 ~AI・機械学習セミナー~

オープニング

タグ

  • IBM Watson
このエントリ
ーをはてなブックマークに追加
講 師
crash.academy
授業数
6
前 提

本講座は会員登録を行うと
無料で全編視聴できます。

97
448

講座紹介

crash.academyは、現在さまざまな産業界で注目され活用され始めているAI技術、ディープラーニングや機械学習理論について多数の講座を開設し、
多くのcrash.academy受講者がそれらの講座を受講し技術を習得しています。

そこで、AI・機械学習をテーマとしてcrash.academyの講師陣と受講者によるMeetupを開催致しました。(2017/4/22)
AIやディープラーニングなど機械学習理論に興味のあるすべてのエンジニア(社会人・学生)にご覧いただければと思います。

【アジェンダ】
1.「機械学習入門」 中井 悦司氏 (グーグル株式会社)
最近よくAI(人工知能)のキーワードと共に登場する機械学習ですが、近年の機械学習の発展を捉えるには、データサイエンスにおける機械学習の役割をおさえる必要があります。
「機械学習って結局何をするものなの?」「機械学習がなんでAIに役立つの?」という疑問について、データサイエンスの観点から理解してみたいと思います。

2.「機械学習×セキュリティ」 伊東 道明氏 (法政大学)
近年、セキュリティ分野で機械学習を用いる事例が増えつつありますが、未だ十分に活用されているとは言えないのが現状です。
その理由として、セキュリティの分野が幅広く、どのような手法がどのようなセキュリティのジャンルで効果を発揮するのかが分かりづらいというのがあります。
今回、様々なジャンルの機械学習適用例を示し、特にパケットの異常検知というジャンルに対してどのような機械学習手法が有効かをお話しします。

3.「AI / Cognitive Overview」 廣瀬 一海氏 (日本マイクロソフト株式会社)
Azureでは、様々な機械学習や深層学習のサービスが提供され、これらを活用するSDKが提供されています。
Microsoftで提供されている、AI/ディープラーニング関連の開発やサービスの紹介や実装についてお話します。

4.「あなたでも使える、基礎からのIBM Watsonとその応用」 佐藤一成氏 (株式会社DIGC/株式会社アイク・ラボ )
IBM Watsonは、IBM社が提供する、コンピューターでありながら、人と同じように情報から学び、経験から学習するコグニティブ・テクノロジーです。
でも、コグニティブ・テクノロジーとは一体何なのでしょうか?本セッションでは、IBM Watsonとは?という基礎の部分から、
ビジネスで活用できる応用事例まで幅広くカバーした内容をお話し致します。

5.「機械学習とモバイル端末の繋がりと未来」古川新氏 (東海大学)
人に最も身近な機械は、スマートフォンやタブレットと呼ばれるモバイル端末です。
機械学習によって作られた人工知能が社会に浸透するためには、モバイルという巨大市場を避けて通ることは出来ません。
本セミナーでは、「モバイル」という視点から、技術的・社会的に機械学習がどう社会と付き合っていく必要があるのかを実例を元に考察していきます。

授業一覧

オープニング お試し視聴 03:49

機械学習入門

52:26

機械学習×セキュリティ

27:40

AI / Cognitive Overview

40:47

あなたでも使える、基礎からのIBM Watsonとその応用

32:29

人工知能とモバイル端末の繋がりと未来

28:36