Open 2017.05.09
ブロックチェーン講座3 ~暗号技術のリテラシー~

ブロックチェーン講座3-1:暗号技術のリテラシー

55
312
タグ :

■ 動画紹介

本講座は、長期にわたりP2Pおよびデジタル通貨の研究に従事されている斉藤賢爾氏
(慶応義塾大学SFC研究所 上席所員/ 株式会社ブロックチェーンハブ CSO)を迎え、
ブロックチェーンに使用されている暗号技術のリテラシーを動画で解説します。

ブロックチェーンが使用している暗号技術、暗号学的ハッシュ関数(SHA-256)だけでなく、
ライトコインのscrypt、イーサリアムのEthash等、具体的な関数についてや、公開鍵暗号と
デジタル署名がブロックチェーンのどこに使用されているか、
さらには、ビットコインにおけるセキュリティ上の課題や、特性をついた攻撃について、
最後に新たなブロックチェーンの様な基盤を作っていくために、どんな技術が使用できるかまで解説します。

(講師:斉藤賢爾氏から)
スライド p.7「具体的な関数」のところで説明している「二重に適用することの意味」ですが、
「SHA-256 × SHA-256」に関しては、1段目で衝突を起こさせることに成功すると必ず 2段目でも衝突が起きますので、
ビットコインブロックチェーン等で想定される攻撃に対して耐性が高まるわけではありません。
ただ、SHA-256 に関しては二重に適用した方がある種の攻撃 (伸張攻撃) に対して耐性が得られるので、
そうした使われ方が一部で行われてきたという経緯と、proof of work 用としてはコストが高めの方がよい、
という理屈はあるかもしれません。
「SHA-256 × RIPEMD-160」に関しては、RIPEMD-160 が仮に破られても、SHA-256 が破られなければ
衝突させるのは困難になると考えられます。
ただし、SHA-256 が破られれば、RIPEMD-160 が破られていなくても衝突が可能になります。



【前 提】
ネットワーク、サーバーの一般的知識

■ コンテンツ一覧

視聴条件:本動画はご購入いただくことで全て視聴できます。


■講師・スピーカー紹介

斉藤 賢爾
「インターネットと社会」の研究者。博士(政策・メディア)。日立ソフト(現 日立ソリューションズ)などにエンジニアとして勤めたのち、2000年より慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス (SFC) にてデジタル通貨、P2P およびそれらの応用に関する研究に従事。ブロックチェーンや関連技術に関する啓蒙や批判にも努める。
一般社団法人アカデミーキャンプ代表理事。慶應義塾大学 SFC 研究所上席所員 (村井研究室)。

Twitter:@ks91020

【著書】
『ブロックチェーンの衝撃』(共著)
『角川インターネット講座(10) 第三の産業革命 経済と労働の変化』(共著)
『未来を変える通貨 ビットコイン改革論』
『不思議の国のNEO ── 未来を変えたお金の話』
他多数

  • このエントリ
ーをはてなブックマークに追加

関連動画