crash.academy

  • プログラミング
  • 無料
公開日:2018/08/22

golang.tokyo #16 ~Go1.11で入るWebAssemblyに触れよう~

WebAssemblyとGoの対応状況について

タグ

  • WebAssembly
  • GopherJS
  • GOARCH
  • wasm
  • スライス容量拡張量
  • Go
  • 正規表現
このエントリ
ーをはてなブックマークに追加
講 師
golang.tokyo
授業数
5
前 提

本講座は会員登録を行うと
無料で全編視聴できます。

300
1573

講座紹介

本動画はプログラミング言語のGoの導入企業のメンバーが集まり、Goの普及を推進するコミュニティ、golang.tokyoが主催するイベント 第16回になります。
今回のテーマは、Go1.11で入る予定のWebAssemblyについてです。

■Agenda
-WebAssemblyとGoの対応状況について:tenntennさん(メルペイ社)

-GopherJS vs GOARCH=wasm:星 一さん

-Goで社内向け管理画面を楽に作る方法:yudppさん(HRBrain社)

-Goのスライス容量拡張量がどのように決まるのか追った:kaznishiさん

-Go言語の正規表現に後読みを実装した話:@make_now_justさん(宇宙海賊合同会社)

授業一覧

WebAssemblyとGoの対応状況について お試し視聴 26:26

GopherJS vs GOARCH=wasm

22:08

Goで社内向け管理画面を楽に作る方法

10:04

Goのスライス容量拡張量がどのように決まるのか追った

10:35

Go言語の正規表現に後読みを実装した話

17:08