crash.academy

  • プログラミング
  • 無料
公開日:2018/07/05

Go Conference 2018 Spring Room 2

How to write Go code

タグ

  • Go
  • API
  • Google App Engine
このエントリ
ーをはてなブックマークに追加
講 師
GoCon
授業数
5
前 提

本講座は会員登録を行うと
無料で全編視聴できます。

273
1456

講座紹介

本動画はGo Conference 2018 (Go Con)の Room2の動画を収録しております。
会員登録後、全てのコンテンツが無料で視聴できます。

■Agenda
-How to write Go code:kaneshinさん (株式会社エウレカ)
Go初心者の方がGoのコードやパッケージ、ドキュメントなど標準が用意しているリソースを最大限に利用する方法をお話します。

-GoらしいAPIを求める旅路:lestrratさん(株式会社HDE)
具体例をみせつつ、いくつか選択肢があるなかでよりGoっぽいコードを書く、という流れを説明します

-コードジェネレートとの付き合い方:pei0804さん(株式会社VOYAGE)
コードジェネレートは生産性を劇的に上げる素晴らしいものに見えます。ただ、使い方を間違えると、余計に工数を増やすことがあります。私の失敗経験や今やっていることを交えて、付き合い方についての話をします。

-Gormの気持ちになってGormを使う:linyowsさん(GMO Pepabo,Inc)
ORMのGormを使う上でアンチパターンを示した上でベストプラクティスを実際のコードを通じてご紹介します。

-Performance Optimization on Google AppEngine:timakinさん(株式会社Gunosy)
GAEでのAPIのパフォーマンス最適化で、実際に行った例を紹介します。

授業一覧

How to write Go code お試し視聴 43:26

GoらしいAPIを求める旅路

19:17

コードジェネレートとの付き合い方

18:43

Gormの気持ちになってGormを使う

18:28

Performance Optimization on Google AppEngine

28:20