Open 2018.06.25

安全かつ高速に進めるマイクロサービス化

続きはログイン後!

265
1375
タグ :

■ 動画紹介

本動画は、RAILS DEVELOPERS MEETUP2018のDAY1 TRAC Aをお届けします。
Rails Developers Meetup とは第一線で活躍する開発者・導入企業から、RubyやRailsに関する
発想・アプローチ・成功体験・失敗体験を学ぶ、非営利技術カンファレンスです。

■Agenda
-安全かつ高速に進めるマイクロサービス化:国分 崇志さん(トレジャーデータ株式会社)
弊社には、多くの責任を担うモノリシックなRailsアプリケーションが存在しました。
これを複数のチームで開発するために、単一のアプリケーションのまま複数のリポジトリに分割されていたのですが、切り出す単位があまり適切でないために、性能、安定性、保守性などの点で様々な問題を引き起こしていました。
この問題を解決するために、我々がどのようにして素早く安全に適切なアーキテクチャへ修正していったかについて話します。

-Rails in Microservices:竹野 創平さん(Wantedly, Inc. )
マイクロサービスと一言で言っても、何をどこまでやるサービスを作り、それらのサービスをまとめてどのようなアーキテクチャにするのかというところにはかなりの自由度があり、技術的・事業的な変数に依存します。
弊社では2016年に開発を始めた Wantedly People においてマイクロサービス・アーキテクチャを採用しています。ここでは Rails に加えて Go, Python など複数の技術を導入していますが、そういった中でどのように Rails が使われているかをご紹介します。またより大きなアーキテクチャとして、事業的な中核価値であるユーザープロフィールデータの既存の Rails アプリケーションから切り出してより使いやすい形で各事業から活用できるようにする変更を現在進めており、これについても少しご紹介したいと思います。

-MySQL/InnoDB の裏側:荒引 健さん(Repro株式会社 )
Rails では ActiveRecord 経由で簡単に扱えるデータベースですが、データベースについての理解はおろそかにされがちです。データベースを正しく理解することはパフォーマンスの向上に繋がったり、無駄なキャッシュをなくすことに繋がったりと大きなメリットがあります。
本発表では MySQL/InnoDB に焦点を当て、これらがどのように動作しているか解説します。

-Railsバージョンを最新に保つ俺たちの話:株式会社Misoca
MisocaではRuby/Railsの最新バージョンを現在も保ち続けています。
ベースとなっている開発スタイルや日常のことから、取り組んでいる技術的な挑戦、最新バージョンに追従していく理由などについて、
過去をふりかえりながらご紹介します。

-Quipperにおける「関心の分離」の歴史:長永 健介さん(Quipper Ltd )
Quipperにおける「関心の分離」の歴史についてお話しします。
Quipperはこの数年間で事業を大きく成長させました。それに伴い、サービス展開地域と製品ラインナップも増加しました。
終わりなき新機能開発に明け暮れながら、Quipperの開発者は、最短手で目前の問題を解決することと将来のメンテナンス性を維持することの間のバランスを保つことに腐心してきました。その努力の跡は、システム設計上の「関心の分離」に関する取り組みに見ることができます。
このトークでは、「関心の分離」を実現するために試してきた手法の紹介を通じて、システム設計上の意思決定の根拠とその結果を考察します。

-Rails コントリビューションから学んだGit / GitHub 術:伊藤 浩一さん(株式会社永和システムマネジメント )
rails/rails という Rails プログラマーにとって源流となる GitHub のリポジトリがあります。
そこでは開発のやりとりやソースコードと同様に、コミットメッセージ、コミットの積み方もオープンになっています。ふだん着目してそうで見落としがちなコミットメッセージの書き方のフローや周辺の Tips について、OSS リポジトリからの実例や Rails コミッター、Rails コントリビュータとの対話で得た見聞をベースにした実践の話が本トピックです。
OSS の世界に限らず、明日からの現場のアプリケーション開発でも活用できる Git / GitHub でのちょっとしたテクニックを伝えられると良いなと思います。

-永和のコードレビューから学んだ新人が語るRails アプリケーションで押さえるべきポイント:沼田 周さん・亀澤 尚志さん(株式会社永和システムマネジメント)

-Elasticsearchによる全文検索の実装: 藤 吾郎さん(株式会社ビットジャーニー)
全文検索エンジンElasticsearchは柔軟である反面学習コストが高く、いい感じの結果を出すのが難しいミドルウェアです。 本セッションでは、このElasticsearchによる全文検索をRailsアプリに実装するためのノウハウを紹介します。

-Realworld Domain Model on Rails:橋立 友宏さん(Repro株式会社 )
ほとんどのRailsアプリにおいて、モデルの実装が本当の意味でファットになることは無い。では読みにくくなる原因は何なのか、モデルレイヤーを構築するにあたって意識しておくことを再度確認し、Railsにおいて現実的なモデル表現のテクニックや考え方を紹介する。

■ コンテンツ一覧

視聴条件:ログイン前では本動画は3分のみ視聴可能です。
※ログインいただくとすべて視聴できます。


  • このエントリ
ーをはてなブックマークに追加

関連動画