Open 2017.01.25

講座紹介(講座紹介・講師紹介・ビックデータ概説について)

24
179
タグ :

■ 動画紹介

本講座は講師に東京大学 情報基盤センター 助教(ネットワーク研究部門)の宮本大輔氏を迎え、ビックデータ解析の実践的な講座になります。
ビックデータの重要性理解からスタートし、データを処理する基盤の作り方、解析に必要なソフトウェアの使用方法、設定のポイントなども説明し、実際に様々なデータセットに対して、最新事例や最新の解析方法、解析を行うまでをカバーします。

【対 象】
・ビックデータ解析に取り組む方
・データサイエンティストを目指している方
・人口知能(AI)の活用を考えている・取り組んでいる方

【講座で解説するソフトウェア】
・Hadoop (HDFS, YARN, Zookeeper)
・Hive, Presto Sqoop
・HBase
・Spark (SparkR,MLlib, Sparkling Water, Radoop)
・R on Hadoop
・Mahout
・Storm
・Heron


【前 提】
・ビックデータに関する基本的知識

■ コンテンツ一覧

視聴条件:本動画はご購入いただくことで全て視聴できます。


■講師・スピーカー紹介

宮本 大輔
サイバーセキュリティとビッグデータの研究者。
2000年に関西学院大学商学部を卒業。
2002年に奈良先端科学技術大学院大学情報科学研究科情報処理学専攻より修士(工学)を取得。
2002年アクセリア株式会社に入社し、コンテンツ配信事業に従事。
2009年に奈良先端科学技術大学院大学情報科学研究科情報処理学専攻にて博士(工学)を取得し、
同年より独立行政法人情報通信研究機構セキュリティセンターのトレーサブルネットワークグループ専攻研究員として着任。
2011年から現職。フィッシング詐欺対策の研究をする一方で、サイバー脅威情報のビッグデータ解析を行うエンジニアでもある。

2017年1月更新

  • このエントリ
ーをはてなブックマークに追加

関連動画