Open 2018.03.08

Mesosを使用した分析サービス「e19(千京)」の紹介と開発の話

続きはログイン後!

214
1170
タグ :

■ 動画紹介

今回の動画はMesos User Group Tokyo(MUGT)のMeetup #3(2017年11月開催)です。
Mesosを実際のサービスに利用している事例、Kubernetesサポートを謳って今後の動向に期待できるMesosphere DC/OS、Serverlessアーキテクチャなどになります。

▼Agenda
-Mesosを使用した分析サービス「e19(千京)」の紹介と開発の話
7月にリリースされた、クリエーションラインのオリジナル分析サービスe19(千京)では内部でMesosを使用しています。
なぜMesosを使用したのか。開発はどのようにやっているのかをご紹介します。

-Mesosの上でServerlessアーキテクチャを実現できるのか?
AWS Lambdaが火をつけて、アプリケーションアーキテクチャの新しい形として注目されているServerless。
MesosにもServerlessっぽいアーキテクチャを実現するためのフレームワークがいくつかあったりしますが、どうなんだ?って話をご紹介します。

-たいそうりっぱになったねえ。DC/OS 1.10
Mesosをコアとして、各種フレームワークの自動配備により「データセンターをひとつのOSに」を実現するMesosphere DC/OS。最新バージョンである1.10が9月にリリースされました。 各所から注目されているKubernetesのサポートの他、気になる新機能を「実際動かしてみたらどうだった」も含めてご紹介します。

-全ての"Waiting"を生まれる前に消し去りたい。

■ コンテンツ一覧

視聴条件:ログイン前では本動画は3分のみ視聴可能です。
※ログインいただくとすべて視聴できます。


  • このエントリ
ーをはてなブックマークに追加

関連動画