Open 2018.02.09

汎用数値計算機としてのTensorFlow動作解析と考察

続きはログイン後!

204
1125
タグ :

■ 動画紹介

本動画は第 7 回TensorFlow User Group(TFUG)の様子をお届けします。
▼アジェンダと概要
・汎用数値計算機としてのTensorFlow動作解析と考察: 奥田氏
 EagerとSession.Runとで、簡単なプログラムのデータ量と処理時間特性を取得し、TFの基本機能とマルチ・コアの有効性を考察します。

・形態素解析を利用した江戸川乱歩風文書の生成:石垣氏 (日本インサイトテクノロジー株式会社 担当部長)
青空文庫から入手した江戸川乱歩の著作を形態素解析システム「juman++」を用いて分かち書きし、これを学習データとして文書作成を試みます。

・Tensorflowユーザから見たAlpha(Go)Zero, Ponanza:大渡 氏 (HEROZ株式会社 エンジニア)

■ コンテンツ一覧

視聴条件:ログイン前では本動画は3分のみ視聴可能です。
※ログインいただくとすべて視聴できます。


  • このエントリ
ーをはてなブックマークに追加

関連動画