crash.academy

MENU
  • ネットワーク
公開日:2017/01/12

ネットワークとハードウェアの技術動向

PartⅠ:規模拡大と高速化~現代のIT技術のインフラとしてものモバイルとクラウド~

タグ

  • ハードウェア
  • Google Jupiter
  • Intel Silicon Photonics
  • VR
  • AR
  • MR
このエントリ
ーをはてなブックマークに追加
20
184

講座紹介

現在進行中のネットワークとハードウェア技術の変化が、現在のITの共通のインフラであるモバイルとクラウドの世界に、どのような変化をもたらすのかを出発点として、ハードウェアのイノベーションが切り開く、IT技術の未来の可能性を考えたいと思います。
ネットワーク技術では、データセンター内のネットワークの高速化の一例としてGoogleのJupiterを取り上げます。こうした動きは、光利用の新しい段階を準備するものです。
ディープラーニング技術は、サーバー側のアーキテクチャーに大きな影響を与えつつあります。ここでも、GPUやFPGAやTPUといったハードウェアの導入が重要な役割を果たしています。ここでは、新しいアーキテクチャーの提案として、GoogleのDNC(differentiable neural computer)を紹介します。
一方、デバイス側での3D VR技術の普及もまた、ハードウェア技術の進化によって支えられています。ここでの変化は、前段で触れたサーバー側での変化と、基本的には同じ方向を向いていることには注意が必要です。
アニーリング型の量子コンピュータは、「最適化問題」を解く専用ハードウェアと捉えることができるのですが、この問題は、ディープラーニングが解こうとしている問題と同じものです。
最後に、光子や電子のスピンを利用する新しいデバイス開発の動向と、それを可能にする新素材の研究動向を紹介したいと思います。

※本講座は2016/11/30に開催されました、マルレク第4回「ネットワークとハードウェアの技術動向」の内容を収録したものになります。
【主催】マルレク 
【会場】NHN テコラス株式会社  本社 (東京都新宿区6-27-30 新宿イーストサイドスクエア)

授業一覧

PartⅠ:規模拡大と高速化~現代のIT技術のインフラとしてものモバイルとクラウド~ お試し視聴 14:19
PartⅠ:規模拡大と高速化~通信の規模拡大と高速化~ お試し視聴 22:06

PartⅠ:規模拡大と高速化~クラウドの規模拡大と高速化~

21:45

PartⅡ:新しい領域 ~モバイルとVR/AR/MR

14:30

PartⅡ:新しい領域 ~人工知能とハードウェア~

31:52

PartⅡ:新しい領域 ~量子コンピューター~

04:21

PartⅡ:新しい領域 ~新しい理論と新しいマテリアル~

05:18