crash.academy

  • 人工知能・AI
  • 無料
公開日:2017/11/07

found IT project #9 データサイエンスセミナー

可視化法学について @shibacow / 芝尾幸一郎 氏

タグ

このエントリ
ーをはてなブックマークに追加
講 師
found it project
授業数
2
前 提

本講座は会員登録を行うと
無料で全編視聴できます。

162
826

講座紹介

本動画はメディア工房 AI部【found IT】主催のセミナーfound IT project #9の様子をお送りいたします。
データ解析の第一線で活躍されている方々を講師にお招きし、 これからのAI時代に必要なデータ解析 を中心に幅広いテーマでお話し頂きます。

■Agenda
Session1.可視化法学について @shibacow / 芝尾幸一郎 氏
要旨:
可視化学とは、情報技術を用いて法律の構造を解析し可視化する試みです。可視化することで複雑な法律を非専門家にもわかりやすく提示することを目的にしています。
今回は可視化法学の概要と、目的、その基盤になっている技術についてお話します。
また、この試みを参考に、世の中にはまだあまり情報技術が入っていない分野があり、そこにエンジニアがどのようにアプローチするかという話をします。

講師紹介:
ソーシャルゲームのプログラマーとして、データ分析を担当しています。 ニコニコ動画ランキングサイトや、可視化法学 @lawvis といったプロジェクトにも従事。

Session2.PySparkの勘所 玉川竜司 氏
要旨:
分散処理フレームワークのApache SparkをPythonから使うことで、比較的手軽に分散処理のパワーをPythonから活用できます。とはいえ使いこなしにあたっては注意しなければならないこともあります。本セッションでは、PySparkの使いこなしの勘所を紹介します。

講師紹介:
大阪在住。オライリージャパンより「SRE サイトリライアビリティエンジニアリング」「初めてのSpark」「ヘルシープログラマ」など、翻訳書多数。

授業一覧

可視化法学について @shibacow / 芝尾幸一郎 氏 お試し視聴 32:54

PySparkの勘所 玉川竜司 氏

44:39