crash.academy

  • セキュリティ
公開日:2016/11/16

コンフィグレーション脆弱性 - サイバーセキュリティ

第一部:講座紹介・はじめに

タグ

  • サイバーセキュリティ
  • コンフィグレーション脆弱性
  • 重点管理策
  • ソフトウェア脆弱性
  • サイバーリスク
  • 脅威モデリング
  • プロトコル脆弱性
このエントリ
ーをはてなブックマークに追加
講 師
門林 雄基
授業数
16
前 提
・ネットワークやインフラ
 プログラム等ICTに関
 わる基礎的な知識

¥5000

16
134

講座紹介

IoT時代と言われる今日、セキュリティ対策はどうすれば良いのでしょうか。本講座ではあらゆるものがインターネットにつながる現代において、ユーザー・購入者(導入者)、販売者、製造メーカーに責任の一環があるコンフィグレーション脆弱性について学びます。コンフィグレーション脆弱性の代表的な種別、ソフトウェア脆弱性との違い、発生メカニズムから始まり、コンフィグレーション脆弱性に関する国際標準、対策方法、チェックツール等(MyJVN(IPA), OSSEC, Lynis )について詳しく解説します。

【対 象】
・社内の機器等の導入を実施される方
・企業内にてセキュリティに関する業務に携わる方
・企業経営者
・部門責任者
・行政機関で働く方

授業一覧

第一部:講座紹介・はじめに お試し視聴 00:53
コンフィグレーション脆弱性とは お試し視聴 01:48
コンフィグレーション脆弱性の事例 お試し視聴 11:17

ソフトウェア脆弱性との違い

05:13

チェックリストにおけるコンフィグレーション脆弱性

04:45

コンフィグレーション脆弱性の幅広さ、重要性

03:20

事例からみるコンフィグレーション脆弱性の原因

03:12

第一部:まとめ

01:26

第二部:第一部の講義と第二部について

01:33

コンフィグレーションの対象、保存場所

05:25

コンフィグレーションの例

07:46

コンフィグレーション脆弱性の原因振り返りと詳細

05:43

コンフィグレーション脆弱性への対策

06:01

設定チェックツール

05:10

設定チェックを実施するプロセス

03:43

第二部:まとめ

01:25