Open 2016.11.16

第一部:講座紹介・はじめに

16
134
タグ :

■ 動画紹介

IoT時代と言われる今日、セキュリティ対策はどうすれば良いのでしょうか。本講座ではあらゆるものがインターネットにつながる現代において、ユーザー・購入者(導入者)、販売者、製造メーカーに責任の一環があるコンフィグレーション脆弱性について学びます。コンフィグレーション脆弱性の代表的な種別、ソフトウェア脆弱性との違い、発生メカニズムから始まり、コンフィグレーション脆弱性に関する国際標準、対策方法、チェックツール等(MyJVN(IPA), OSSEC, Lynis )について詳しく解説します。

【対 象】
・社内の機器等の導入を実施される方
・企業内にてセキュリティに関する業務に携わる方
・企業経営者
・部門責任者
・行政機関で働く方

【前 提】
・ネットワークやインフラ
 プログラム等ICTに関
 わる基礎的な知識

■ コンテンツ一覧

視聴条件:本動画はご購入いただくことで全て視聴できます。


■講師・スピーカー紹介

門林 雄基
奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 教授
Adjunct Professor, Unitec Institute of Technology, New Zealand。
日欧国際共同研究「NECOMAプロジェクト」日本側研究代表。
WIDEプロジェクトボードメンバー。
2017年教授へ就任。

2017年3月更新

  • このエントリ
ーをはてなブックマークに追加

関連動画