Open 2017.07.11
ブロックチェーン講座6 ~スマートコントラクト~

ブロックチェーン講座6-1:スマートコントラクト

122
537
タグ :

■ 動画紹介

2008年、匿名の開発者サトシ・ナカモトにより、デジタル通貨システム「ビットコイン」を実現するための分散タイムスタンプサーバ技術として提案されたブロックチェーンは、今やデジタル通貨のみならず、契約や企業の自動経営まで、新たな社会基盤としての様々な応用可能性が取り沙汰されています。

本講座は、長期にわたりP2Pおよびデジタル通貨の研究に従事されている斉藤賢爾氏(株式会社ブロックチェーンハブ CSO/慶応義塾大学SFC研究所 上席所員)を迎え、スマートコントラクトについて解説します。

スマートコントラクトは、ブロックチェーンの新しい基盤であるイーサリアムの上で、契約自動化の可能性が期待され今も進化をし続けています。

講座では、スマートコントラクトの基本、イーサリアムブロックチェーンの仕組み、ブロックチェーンとスマートコントラクトの関係、さらには、スマートコントラクトの社会に対する影響までを説明します。

■ コンテンツ一覧

視聴条件:本動画はご購入いただくことで全て視聴できます。


■講師・スピーカー紹介

斉藤 賢爾
「インターネットと社会」の研究者。博士(政策・メディア)。日立ソフト(現 日立ソリューションズ)などにエンジニアとして勤めたのち、2000年より慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス (SFC) にてデジタル通貨、P2P およびそれらの応用に関する研究に従事。ブロックチェーンや関連技術に関する啓蒙や批判にも努める。
一般社団法人アカデミーキャンプ代表理事。慶應義塾大学 SFC 研究所上席所員 (村井研究室)。

Twitter:@ks91020

【著書】
『ブロックチェーンの衝撃』(共著)
『角川インターネット講座(10) 第三の産業革命 経済と労働の変化』(共著)
『未来を変える通貨 ビットコイン改革論』
『不思議の国のNEO ── 未来を変えたお金の話』
他多数

  • このエントリ
ーをはてなブックマークに追加

関連動画