crash.academy

MENU
  • プログラミング
  • 無料
公開日:2017/07/24

第22回 Tokyo Atlassian ユーザーグループ @eureka

Atlassian最新情報17-6 高橋邦洋/Kunihiro Takahashi

タグ

  • Atlassian
このエントリ
ーをはてなブックマークに追加
講 師
Atlassian User Group Tokyo
授業数
3
前 提

本講座は会員登録を行うと
無料で全編視聴できます。

102
566

講座紹介

~2017/06/23(金)開催 第22回 Tokyo Atlassian ユーザーグループ @eureka~
JIRA PortfolioプロダクトマネージャーのRoiがオーストラリアから来日。Roiのチームでの開発プロセスの話や、リリースプランニングの方法についてプレゼンします。また、実際のツールの活用方法、利用方法も合せてノウハウを共有してもらいます。

■概要
Atlassianのユーザーが集う会、Atlassianユーザーグループです。 Atlassian製品のユーザー、これから導入を検討されている方、または関連事業を展開されている方などお気軽にご参加いただき情報交換できればと思います。 JIRA以外でもAtlassian製品関連の事例やtips、要望などありましたら共有していただければと思います。利用を始めた企業の様々な活用事例などをアウトプットし共有することで、より良い活用方法について勉強します。

■対象
アトラシアン製品ユーザー
アトラシアン製品に興味がある方
コラボレーションツールに興味がある方
アトラシアンのエンジニアに会ってみたい方

■アジェンダ & スピーカー
Session1.Atlassian最新情報17-6 高橋邦洋/Kunihiro Takahashi
アトラシアンユーザグループコミュニティから、コミュニティのおしらせ及びAtlassianの最新情報について話します。

Session2.Atlassian Summit EU 2017 参加報告 大貫 浩 / Hiroshi Ohnuki
認定スクラムマスター 2年連続 APAC(アジア太平洋地域)でAtlassian製品の売上第1位を獲得し、名実ともにアジアNo1のAtlassianのエキスパートベンダー リックソフト株式会社の代表取締役。「価値ある道具(ツール)」を世界中の多くの人が使えるように活動している。 また、社長業の傍らAtlassian認定JIRAプラグイン「WBS Gantt-Chart for JIRA」の開発チームに参加。Cを10年、Javaを17年経験している現役のプログラマー。 リックソフト株式会社の創業者であり、代表取締役
Atlassian Summit Europe 2017に参加してのフィードバックなど

Session3.Portfolio for JIRA ~長期的な計画とアジャイル開発を同時に実現する~ Roi Fine @ Atlassian
アトラシアンのシニアプロダクトマネージャーであり、アジャイル、エンタープライズのポートフォリオ管理、UX など様々な分野での経験があります。彼がアジャイルのベストプラクティスを考えていないときには、登山をしたり、ヨガのポーズを練習したりしています。
アジャイルアプローチを使用している場合でも、長期的な期間を計画する必要性はまだあります。しかし、その際の課題として、長期的なビジョンと開発やリリース頻度の両方を考えながら、継続的デリバリーを実現することです。 これまで、JIRA を使用している多くのチームが、スプレッドシートのような別のツールで長期的な計画や戦略目標をトラッキングし、苦労していることがわかっています。今回、Roi は、複数のチームやプロジェクトが関わるような、比較的大きな規模でプランニングを行う際に起こりやすい課題と Portfolio for JIRA を使ったそれらの解決方法について話します。また、自身のチームにおいて Portfolio for JIRA がどのように使われているかも共有します。

授業一覧

Atlassian最新情報17-6 高橋邦洋/Kunihiro Takahashi お試し視聴 17:21

Atlassian Summit EU 2017 参加報告 大貫 浩 / Hiroshi Ohnuki

36:27

Portfolio for JIRA ~長期的な計画とアジャイル開発を同時に実現する~ Roi Fine@Atlassian

31:35